あなたは着物で何を連想しますか?

あなたにとって着物と言えば?

着物といえば…と考えるとやはり成人式の振袖や卒業式の袴といったことを連想する。また、それらを着た成人式や卒業式の想い出はとても色鮮やかなもので、今でも特別である。
そんなことを可能にしてくれるのは、やはり着物のレンタルがあるからだと思う。
着物を自分で購入して着ようと思うと結構な金額がかかるし、一度ではなく何度も着るのであれば購入するのも良いのだが、そんなに着る機会がない現代においては、思い出として残しておくしかなくなってしまう気がするからである。

 

あとは売りに出すことだろう。着物はリサイクル色の強いもので不要になったら売る事が出来る。
その反面、レンタルは着ることができるのはその1日だけにはなるが、その時に着たい柄や色を選択することができるし、写真に残しておけば思い出にも残すことができる。購入するのとは違う、その時今だからこその着物を選ぶことができるのが魅力で、自分の成長の思い出の節々に添えるのも良いのではないかと思う。

 

もちろん着物は、日本の昔ながらの服装で、だからこそもっと気軽に着ることができる機会が増えたりしたらいいのにとも思う。
もちろん現代においてだって、日常的に着物を着ていらっしゃる方もいる。
そういった方を見ると、なんだか少し余裕があるような気もして、憧れを持ったりもする。着物の似合う、あんな大人な女性になりたいなとも。

 

着物に関するこの憧れは、日本に産まれたから、日本の女性として生きたいからと思うからなのだろうか。
普段着ている何気ない格好に満足をしていない訳ではないし、それはそれで気軽だとも思う。それでもやはり日本ならではの伝統を格好を大事にしていたい。
まずは今年の夏、久しぶりに浴衣を着るぐらいの所から始めて、また次に着物を着ることのできる機会を作りたいものである。