着物教室

着物の歴史

着物

 

従来、着物の生地は絹や麻などが中心で、取り扱いには注意が必要なものでした。手軽に着るには少々敷き居の高い生地素材であるため、着物が敬遠されがちな理由のひとつでもあるとされています。
しかし、そんな煩わしさを払拭しようと従来の枠に捉われない着物づくりを手がけるブランドも現れています。
若い人も気軽に着ることができるように、着慣れた人が日常着として活用できるようにと、手入れのしやすい綿やポリエステルの着物が注目を集めています。

 

ポリエステルの着物は、非常に手入れが楽で、なおかつシワになりにくいのが特長です。
普段の外出着として、お茶やお花のお稽古着としても重宝します。
脱いだ後はハンガーに吊るしておくだけで良く、汚れたら洗濯機で丸洗いできてしまうのも非常に便利です。

 

若い人に好まれる華やかな柄や、日常着にぴったりなスタンダードな柄までさまざまなタイプが揃っており、価格も絹に比べると手頃なものが多いため、自分の好みに合わせて気軽に選ぶことができます。
ポリエステルは静電気の起きやすい素材のため、下に合わせる襦袢は綿を選んだり、静電気防止スプレーを利用すると良いでしょう。

 

綿の着物も自然素材を好む人に人気です。浴衣と間違えられないよう、きちんと襦袢を着て、帯も半幅帯などを合わせ、帯締めをして仕上げればカジュアルな場への外出も大丈夫です。綿はシワになりやすいので、長時間座る機会のある場へは避けた方が無難でしょう。また、汗ジミなども目立ちやすいので、こまめな手入れや洗濯が重要です。

日常着としての着物を手軽に楽しむには、帯や羽織を活用するのもオススメです。

作り帯があれば帯を締めるための時間と手間が大幅に軽減できます。
これらもポリエステル素材のタイプが増えているので、色や柄などを変えて揃えておくと便利です。

日本の伝統でもある着物

着物

 

日本の美の象徴である「着物」。
最近はめったに目にすることが少なくなったとは言え、街を歩いているとたまに、目にします。
洋服とは違い華やかで、着物を着た人がいるだけであたり一面、お花が咲いたようになる気がします。

 

私は成人式の時に振袖を買ってもらいました。以来結婚式や初詣で、できるだけ着るようにしています。
着付けをしてもらうところも決まっていて、「こんなにも着てもらえたら着物も本望だね」と言っていただけました。
着物は日本独自の文化です。
着るのは手間がかかり、何かと大変ではありますがこの伝統を守っていってほしいと思います。

 

最近ではアンティーク着物といった割とリーズナブルなものも増えました。
なんといっても柄がかわいいのです。水玉模様や少し古いデザインがまた、乙女心をくすぐります。
見ているだけで心が躍ってしまいます。
そして男性では味わうことができないであろう、着物でのメリットがあります。

 

それは「どこへ行ってもチヤホヤされる」ということです!

 

以前友人の結婚式に振袖を着て行った時のことでした。
私は駅の中を振袖で歩いていました。

 

するとすれ違う方々が口を揃えて「綺麗ね?」「あら、着物。素敵」「姉ちゃん、綺麗やなあ」と言ってくれるのです。
赤の他人だというのにこんなにも褒めてもらえるなんて、普段じゃ考えられません。やっぱり着物というものはどこへ行っても受けがいいですね。
でも、この時褒めてくださったのはお歳を召した方ばかりで素敵な出会いには結びつきませんでしたが。
とっても嬉しかったんですけれどね!

 

それに、着物は日本人向けに作られているので体型はもちろん、所作を綺麗に見せてくれるといいます。
着物を身につけると自然と背筋が伸びますものね。
着物を着ても恥ずかしくない美しい立ち振る舞いができるようになりたいと思います。

 

日本の伝統、着物
もっともっと着物を着る人が増えたら楽しいなあと思いながら私はまた、次の結婚式で振袖を着るために、小物を探すことにします。

着物に興味を持ったきっかけ

着物

 

これまではほとんど着物に縁のない生活をしてきました。子どもの頃、お正月に着せてもらったり、せいぜい友達の結婚式で振袖を着たくらいです。
ところが、ちょっとした事がきっかけになり、なんだか着物が気になってしかたがないのです。
それは作り帯です。

 

趣味でバッグなどをハンドメイドしているので、良かったら材料にと古着をもらいました。
それで手提げを作って差し上げたところとても喜んでもらい、もしかしたら古着から作り帯ができないかしらと言われたのです。
作り帯という名前は知っていましたが、実際に見たことも作ったこともありません。

 

図書館で本を借りたりネットで検索すると、実際たくさんの人が作り帯を使って気楽に楽しんでいるではありませんか。
これは目から鱗でした。着付けを習って帯を結んでとややこしく考えていたのに、まるで洋服を着るようにふだん着として着ることもできるのですね。
着物自体も洋服の生地で仕立てたり、ミシンで縫ったりと実にお手軽です。
今時の柔らかい発想にワクワクしてしまいました。

 

そう思うと、身の回りの生地たちが帯に見えて来てしかたありません。
まずは一本縫ってみたいので、週末は大きな手芸店に出かけるつもりです。
西洋の柄やインドのプリントで仕立てた着物たちの写真を見るにつけ、自分でも作ってみたいと思うのです。

 

日本人の女性なら着物にあこがれない人はいないでしょう。
もし作り帯が上手く行ったら、いずれは自分なりの着物も縫ってみたい、着こなしてみたいと欲は広がるばかりです。
特別な日の特別な衣装だから傍から見ているだけだったのですが、これからは勇気をふるって勉強と手づくりに励もうと思います。
だって昔は毎日着物を着ていたのですもの、やってやれないはずはないと思うのです。

 

着物を買取に出す際に参考になるサイト